石和温泉(山梨県笛吹市)

果物と温泉の郷

「石和温泉」は甲府盆地のほぼ中央に広がる山梨県笛吹市の温泉地です。開湯は昭和36年(1961年)と比較的新しく、高度経済成長と共に急速に発展した温泉地です。最盛期にはホテル、旅館は150軒近く建ち並び、年間約300万人にも及ぶ観光客が訪れる一大観光温泉地でした。バブル崩壊後は宿泊施設と観光客の減少が進みましたが、平成15年でも年間約120万人の観光客が訪れています。昭和期には団体向けの観光温泉地として宿泊施設も大型化され、歓楽街も発展しましたが、バブル崩壊後から平成に入っては観光客の減少を受けて団体旅行だけでなく個人旅行、家族旅行といった少数向けの温泉観光地化への取り組みもされています。

温泉の由来

a0731_000677

石和は桃やブドウの一大生産地として知られていますが、実は「石和温泉」の開湯はブドウの果樹園から温泉が湧出したのがはじまりです。ブドウ畑の地面から突如湧出した高温の湯は近くの川へと流れ込むほどの豊富な量で、当初は「青空温泉」として利用されました。泉温49℃、毎分2千リットルのアルカリ性単純温泉です。その後、温泉としての開発が進み、桃やブドウの産地としての観光誘客効果もあり、山梨県最大規模の温泉地として知られる様になりました。2003年には泉温69℃、毎分340リットルの新源泉が湧出し、「いさわ温泉観光の駅」の「いさわ温泉足湯ひろば」の湯に活用されるなど「石和温泉」の充実がはかられています。

 

日帰り入浴・温泉

山梨県最大規模の温泉郷として知られる石和温泉には現在でも40軒近くの宿泊施設があり、多くの施設が日帰り入浴を受け付けています。慶山、なごみの湯、かんぽの宿石和、ホテル古柏園、みさかの湯、スパランドホテル内藤、ホテル花いさわ、瑰泉(かいせん)、ホテル君佳、華やぎの章甲斐路、深雪、ホテル新光、ホテルやまなみ、富士野屋夕亭、旅館笛吹川、ホテルふじ、ホテル八田、石和常磐ホテル、花水晶、ホテル花いさわ、ホテル千石、くつろぎの陣くにたち、石和健康ランド、クアハウス石和、足湯石和宿などです。華やぎの章慶山は石和温泉駅から徒歩5分の客室数118の大型ホテルです。慶山には自家源泉かけ流しの温泉があり、pH8.8のアルカリ性単純温泉(低張性アルカリ性温泉)は美肌の湯と呼ばれています。浴場には内湯の美肌の湯花桐、露天には美肌の湯花野、桧大露天風呂花桧、岩大露天風呂六花仙があります。他にもドライサウナとミストサウナがあります。石和ふれあいセンター「なごみの湯」は石和温泉郷への入口にある鵜飼橋手前の公営温泉施設です。露天風呂はありませんが、男女別の内風呂、寝湯、打たせ湯、気泡湯、低温サウナがあります。入浴料は5時間以内なら大人720円、5時間以上の場合は1,030円となっています。かんぽの宿石和は石和温泉駅から徒歩7分の客室数54のホテルです。日帰り入浴も受け付けており、昼の部(10:30~15:00)と夜の部(15:00~21:00)で入浴料が異なります。昼の部は中学生以上820円、小学生520円で、夜の部は中学生以上520円、小学生320円となっています。ちなみに休憩所となる大広間は10時から15時までの昼の部のみの利用となっています。浴場には内湯と露天風呂があり、貸切の露天風呂付き家族風呂もあります。貸切風呂は予約が必要ですが、介護用吊り式リフト、浴室用車いすや浴用介護用品があって介護が必要な方でも入浴しやすくなっています。ホテル古柏園は元々はぶどうとワインを生産する農地の跡地に建てられたホテルです。石和温泉駅から徒歩7分。浴場には男女別の内湯が1つずつと露天風呂が1つずつあり、7階の展望露天風呂から見渡せる景色が自慢です。7階の展望露天風呂からは南アルプス甲府盆地の眺望が望めます。早春の桃源郷や秋の紅葉はまさに絶景です。又、天然温泉の浴場にはトルマリンの原石を入れてトルマリンマイナスイオン効果を加えています。日帰り入浴の場合は11時から15時までで1人500円となっています。スパランドホテル内藤は石和温泉駅より車で7分の総客室数200の日帰り及び宿泊型施設です。年中無休の24時間営業の総合リゾートスパランドで340台の駐車スペースがある巨大施設です。24時間営業の施設ですが浴場の利用は午前5時から深夜2時までとなっています。浴場には屋内の甲州ワイン風呂、5種類のジェットバス、ぷくぷくデンキ風呂、漢方薬やハーブを使用した漢方生薬薬湯、檜風呂、5x12mの温水プール風呂、屋外では炭酸泉のラムネの湯、信楽焼の壺湯、女性大浴場限定のミルキーバスなどがあり、サウナには山梨県で唯一の「ロウリュウ」があります。「ロウリュウ」とは北欧フィンランドの蒸気浴の一種で室内の中央にあるサウナストーンにアロマ水などをかけて蒸気で発汗を促します。又、岩盤浴には岩塩温室光彩、ゲルマ温室朱影、女性専用温室五色、ドーム温室烈火、クールダウン室蒼風があります。ホテル花いさわは石和温泉駅から徒歩5分の客室数約70のホテルです。ホテル敷地内の自噴源泉を使用しており、毎分600リットルの湧出量のアルカリ性単純泉です。浴場には内湯のあふれいで湯とわきいでの湯と露天の星屑の湯と月宵の湯があります。又、宿泊者の場合は貸切の家族風呂が利用可能だけでなく、グループホテルの「石和ビューホテル」と「春日居ビューホテル」の浴場を無料で利用できます。グループホテルの間は無料で送迎してもらえるので宿泊者は3つのホテルの湯めぐりができます。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA